--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Nexus 7(2013)低価格で最高のスペックを実現?LTEをサポートするNexus 7(2013)も発売する予定

15:59

Googleが最近、日本に発売したNexus 7(2013)を使ってみた感想は最高の画質でコストもパフォーマンスも優れているという感じだった。

色々などころで前作の欠点を完全に補完したのが目立つ製品だ。

何よりも、16GB Nexus 7(2013)が2万7800円で、競合製品に比べて安い価格が最大のメリットだ。

最初にNexus 7(2013)を手にした感じは”片手に入る”という感じだ。

第1世代Nexus 7(ネクサス7)は片手で取ったらちょっと不便な感じだったが、今回日本に発売されたNexus 7(2013)は確かにグリップ感が良い。

Nexus 7(2013)低価格で最高のスペックを実現
前作よりも厚さを約2 ㎜減らしたが、手で感じる差は大きかった。

最大のメリットというディスプレイを確認するためフルHD動画を検索して実行したら、動物の毛一つ一つまではっきり見せてくれる。

インチあたりのピクセル数は323個で鮮明な画質が目立つ。

優れた画質のおかげで画面サイズが7インチ以上に感じられるほどだ。

Nexus 7(2013)は音質も素晴らしい。

上部と下部に2チャンネルスピーカーを備えたが、ステレオ品質のオーディオを実現した。

GoogleはMP3を発明したフラウンホーファー研究所が開発したサラウンドサウンド技術を搭載し、臨場感あふれるサウンドの実現が可能だったと説明した。

検索やアプリの実行、ゲーム起動時にもより速くてスムーズな処理能力を見せてくれた。

LTEをサポートするNexus 7(2013)も発売する予定
Qualcomm 1.5 GHz Snapdragon S4プロセッサを搭載し、前作よりも性能が2倍​​向上し、高性能レンダリング機能を採用したからだ。

Nexus 7(2013)のタッチ反応速度も速かった。

GoogleはAndroid 4.3 Jelly Beanを搭載した結果だと説明した。

前作も携帯するのに不便な感じはなかったが、今回は重量を50g減らして携帯性を高めた。

HD動画を再生する時、最大9時間まで使用できるバッテリーも備え、問題なくフルHD動画の再生も可能だ。

シンプルで平凡なデザインは弱点かもしれないが、製品全体を考えると価格に比べて最高のスペックを備えた製品だと思われる。

似たようなレベルの競合製品に比べて少なくとも30 %以上安い。

今後、LTEをサポートするNexus 7(2013)も発売する予定だ。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。