--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



米国人口の12%がGoogle Glassのような拡張現実デバイスを望む

15:59

米国人口の12%がGoogle Glassのような拡張現実デバイスを望む

CNETは米国人口の12%がGoogle Glassのような拡張現実デバイスを使用する意向があると調査されたと報道した。

今後、GoogleグラスもiPhoneのように使用される機器になるという分析も付け加えた。

CNETによると、米国の市場調査会社Forresterは米国のオンライン消費者2千160万人、または米国人口の12%が拡張現実デバイスの使用を望んでいるという報告書を発表した。

米国人口の12%がGoogle Glassのような拡張現実デバイスを望む

ForresterのSarah Rotman EppsアナリストはGoogleグラスのような機器を購入したい消費者を募集した。

その結果、彼らはほとんどアプリケーションをベースにしたハイテクデバイスに興味を持っている人々で、半分ほどがジェネレーションYまたはZ世代と呼ばれる若い世代だった。

Sarah Rotman Eppsアナリストは”2007年に発売されたiPhone以来、これほど大きい関心を集めたデバイスはない”とし、”疑いの余地はなく、これはiPhoneのように人気を集める”と述べた。

Googleグラスはメガネの形で発売され、映像や写真撮影、チャット、位置検索、ネットサーフィンなどをすることができるデバイスだ。


米国人口の12%がGoogle Glassのような拡張現実デバイスを望む

今年の4月に研究開発のためのモデルが開発者に提供されたが、2014年まで一般に公開されるかどうかはまたわからない。

ForresterのSarah Rotman Eppsアナリストは今のところ補完しなければならない事項が多く、この中で一つがバッテリーだと指摘した。

また、限られたミラーAPIにより大量生産には限界があると伝えた。

しかし、Sarah Rotman Eppsアナリストは”Googleが改善作業を進めており、新しいアプリも開発中だ”とし、”Google Glassは遠くない時期にiPhoneのような人気製品になる”と予測した。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。