--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Nexus 7(ネクサス7)次期モデル前後面カメラ搭載、Google 1080pタブレットNexus 7(ネクサス7)次期モデル発売

15:59

Nexus 7(ネクサス7)次期モデル前後面カメラ搭載
Google 1080pタブレットNexus 7(ネクサス7)次期モデル発売

Android製品の人気がタブレット市場でも高いようだ。

iPad mini(アイパッドミニ)が人気を得ている中、スペックや価格が様々なAndroidタブレットが発売され、ユーザーたちもGALAXY Tab(ギャラクシー タブ)やNexus 7(ネクサス7)などのAndroidタブレット製品に目を向けている。

このようなニーズの変化は最近の調査でも明らかになっている。

Strategyアナリストの調査によると、Androidタブレットが2013年度第2四半期の世界タブレット出荷台数の67%を占めた。

これは昨年同期と比べ15.6%上昇した数値だ。
Nexus 7(ネクサス7)次期モデル前後面カメラ搭載、Google 1080pタブレットNexus 7(ネクサス7)次期モデル発売 
Androidタブレット市場でアップルを超える
Androidベースのタブレットはもっと様々な機能と画面サイズの製品を発売

一方、AppleのiPad(アイパッド)は今年のタブレット市場で28.3%を占めた。

前年同期47.2%の市場シェアを占めていたことと比較すると大幅に落ちた数値だ。

2012年第2四半期の全世界出荷量を比較すると、Appleは1700万台を出荷してシェア47.2%を占めており、Androidタブレットは1850万台出荷して51.4%のシェアを占めた。

数値だけで比較するとAndroidタブレットのシェアが高いだが、AppleはiPad(アイパッド)の単一ブランドで記録した売上高だったのでこの意味はもっと大きい。

Androidをベースに使用しているタブレットはもっと様々な機能と画面サイズの製品を発売している。

GoogleのNexus 7(ネクサス7)とNexus 10(ネクサス10)、SamsungのGALAXY Tab(ギャラクシー タブ)シリーズ、SonyのXperia Z(エクスペリアZ)以外にも、HP、ASUS、Huaweiなど、これまでスマートフォンやPCメーカーだったメーカーが新しいタブレットを発売している。

これで今年の下半期に発売されるタブレットに対する期待感も高まっている状況だ。

Nexus 7(ネクサス7)次期モデル前後面カメラ搭載、Google 1080pタブレットNexus 7(ネクサス7)次期モデル発売
Google Nexus 7(ネクサス7)次期モデルはAndroidベースのタブレット
Google 1080pタブレットNexus 7(ネクサス7)次期モデル発売

最初に発売されたAndroidベースのタブレットがGoogle Nexus 7(ネクサス7)次期モデルだ。

Google Nexus 7(ネクサス7)次期モデルは前作と同じ7インチディスプレイはそのまま維持し、ベゼルのサイズを減らし、画質を向上させるなどアップグレードされた。

Google Nexus 7(ネクサス7)次期モデルのスペックは1.5GHzスナップドラゴンS4プロをAPに採用し、前作よりCPU性能は1.8倍、GPUは4倍速くなった。

厚さは8.45mmで重さは約0.29kgだが、これは前作よりも2mm薄くて50g軽い。

Nexus 7(ネクサス7)次期モデルの画質は1080pの1920x1200で、120万画素と500万画素のカメラが前後面にそれぞれ装着された。

加えてデュアルステレオスピーカーと2GBのRAM、LTE無線充電などをサポートする。

Nexus 7(ネクサス7)次期モデル前後面カメラ搭載、Google 1080pタブレットNexus 7(ネクサス7)次期モデル発売
Nexus 7(ネクサス7)次期モデル前後面カメラ搭載
Nexus 7(ネクサス7)次期モデルCPU性能は1.8倍、GPUは4倍速い

Samsungも7月にAndroidベースのタブレットGALAXY Tab 3(ギャラクシー タブ 3)を7インチと8インチ、10.1インチの3種類で発売した。

Samsung GALAXY Tab 3(ギャラクシー タブ 3)はそれぞれのサイズに応じてスペックも多様化され、できるだけ様々な消費者ニーズを満たすという戦略だ。

7インチGALAXY Tab 3 7.0(ギャラクシー タブ 3 7.0) は1.2GHzのデュアルコアプロセッサと1024x600の解像度のディスプレイを採用し、199ドルという低価格で発売され、8インチと10インチGALAXY Tab 3 8.0(ギャラクシー タブ 3 8.0)とGALAXY Tab 3 10.1(ギャラクシー タブ 3 10.1)はそれぞれAppleのiPad mini(アイパッドミニ)とiPad(アイパッド)と競争するためのスペックを備えたプレミアム製品だ。

価格はそれぞれ299ドルと399ドルで、備えた性能より低価格で発売された。

Windowsベースのタブレットも新製品を発売する予定だ。

業界によると、マイクロソフト(MS)はSurface(サーフェス)タブレットのディスプレイサイズを小さくした7インチSurface Mini(サーフェスミニ)を準備中だ。

数年以内にタブレットシェアがPCを超えるという予想も出ている状況で、今後様々なAndroidタブレットの発売も続けられる予定だ。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。