--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Nexus 7 次期モデルSnapdragon 600で発売、Google 次世代 7インチタブレット Android 4.3 Jelly Bean搭載

15:59

ASUSが生産するGoogle 次世代 7インチタブレットのスペックが流出された。

最近、Google 次世代 7インチタブレットが7インチサイズのLEDディスプレイに1980×1200ピクセルの解像度をサポートし、内部ストレージで16GBまたは32GBを備えるということ以外には知られてなかったが、XDA DevelopersでASUSとNexus 7 次期モデルのスペックを論じたライブチャットのスクリーンショットイメージが発見された。

このスクリーンショットイメージで今まで知られたスペック以外にクアルコムのSnapdragon 600クアッドコアApplication Processorと2GB RAM、内部ストレージに32GBの容量を設定したことが確認された。


Nexus 7 次期モデルSnapdragon 600で発売、Google 次世代 7インチタブレット Android 4.3 Jelly Bean搭載


背面と前面にそれぞれ500万画素と130万画素のカメラが搭載され、オペレーティングシステムではAndroid 5.0 key lime pieではなく、Android 4.3 Jelly Beanが搭載される。

Googleは次世代 7インチタブレットのオペレーティングシステム(OS)にAndroid 5.0 key lime pieではなく、Android 4.3 Jelly Beanを採用するようだ。

AndroidpoliceはGoogleが次世代AndroidオペレーティングシステムにAndroid 4.3バージョンを準備中であり、新しいバージョンはJelly Beanの名前を使える予定だと報じた。

Androidpoliceによると、新しいバージョンのビルド番号はJWR23Bで、一般的にビルド番号の最初のアルファベットはアップデートプログラムの名前を意味するので次期バージョンもJelly Beanの名前を使用するという推測だ。

Nexus 7 次期モデルSnapdragon 600で発売、Google 次世代 7インチタブレット Android 4.3 Jelly Bean搭載



現在、GoogleはモバイルオペレーティングシステムをAndroid 4.2 Jelly Beanまで発表した。

Googleが次世代オペレーティングシステムバージョンでAndroid 4.3を開発していることが知られ、海外メディアはGoogleが今年中Android 5.0 key lime pieの代わりに、Android 4.3 Jelly Beanを発表する可能性が高いと伝えた。

先に主要メディアはGoogle内部の開発者を引用し、GoogleはAndroid 5.0 key lime pieを公開​​しない可能性が高いと展望した。

この理由はメーカーがAndroid 5.0 key lime pieを適用することができるデバイスを生産する時間を与えるためだ。

Nexus 7 次期モデルSnapdragon 600で発売、Google 次世代 7インチタブレット Android 4.3 Jelly Bean搭載


Nexus 7 次期モデルに内蔵されるバッテリーの容量は4000mAhで、通信機能では802.11nの無線LANとBluetooth 4.0、NFC機能が構成され、データネットワークにLTEとWCDMA、GSMをサポートすると伝えられた。

まだ、ASUSの内部で承認されたスペックではないようだが、検討中のスペックがこの程度だと伝えられた。

Google 次世代 7インチタブレットに搭載されるSnapdragon 600はSnapdragon S4 PROと大きなスペック差はないが、最大1.9Ghzまで動作が可能なクアッドコアKrait 300 CPUが搭載され、低消費電力LPDDR3 RAMをサポートし、メモリ帯域幅の向上と消費電力を減らすことができるのが特徴だ。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。