--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Nexus 7次期バージョン来月中に発売?Nexus 7次期バージョンの予想販売台数は500万台?

15:59

Nexus 7次期バージョン来月中に発売
Nexus 7次期バージョンの予想販売台数は500万台

台湾のPCメーカーASUSはGoogle Nexus 7の発売で大きな成長をし、2013年にはタブレットpcを少なくとも1億台まで発売すると発表した。

Asusは今年第3四半期のタブレットpc出荷量を前年同期よりもはるかに多い230万台と見込んでいると実績報告で明らかにした。

昨年7月にAsusとGoogleはAndroidタブレットpc Nexus 7を発売し、199ドルで販売した。

Nexus 7はAppleのiPad miniよりも低価格でAmazonのkindle fireと同様の価格で販売されている。

AsusのCEO Jerry Shenは”Nexus 7の販売量は非常に素晴らしく、特に気を使わずに向上した”と明らかにした。

GoogleはNexus 7の32GBバージョンを247ドル、3Gサポートモデルは299ドルで販売している。

Nexus 7次期バージョン来月中に発売?Nexus 7次期バージョンの予想販売台数は500万台? 
フルHD級解像度をサポートするNexus 7次期バージョン199ドルで発売
Nexus 7次期バージョン磁気誘導方式ワイヤレス充電サポート

タブレットpc出荷量の成長は2013年も続くと思われる。

AsusのCEO Jerry Shenは”タブレットpcの出荷台数は約1,000万台に達する”と述べた。

タブレットpc市場でAppleはiPadで1位を占めている。

しかし、市場調査会社Strategy Analyticsによると、Androidのタブレットpcは世界市場シェアが41%まで成長すると予想され、AppleのiPadは57%程度にとどまると予想した。

Strategy AnalyticsのアナリストNeil Mawstonは”AsusはNexus 7がタブレットpc市場でAppleに次ぐ大規模な企業での地位を確立するのに役立つと思う”とし、”Nexus 7はAsusを向上させ、より多くの機器を提供し、流通できるようにする”と明らかにした。

また、Strategy AnalyticsのアナリストNeil Mawstonは”今後、消費者や企業ユーザーがノートpcやタブレットpc、ハイブリッド機器に移してタブレットpc販売台数は上昇する”とし、”大きな機会が設けられた”と明らかにした。
Nexus 7次期バージョン来月中に発売?Nexus 7次期バージョンの予想販売台数は500万台?
フルHDでNexus 7次期バージョン発売
Nexus 7次期バージョンは1920×1200の解像度の7インチフルHD

一方、GoogleはAsusと一緒にフルHD級解像度をサポートするNexus 7次期バージョンを199ドルで発売する計画だ。

TechCrunchはKGI Securities Ming-Chi Kuo(郭明池)研究報告書を引用し、Googleが来月にNexus 7次期バージョンを公開する予定で、優れた性能を備えるつもりだが、価格は従来と同じだと報じた。

GoogleとASUSが共同開発したNexus 7次期バージョンは1920×1200の解像度の7インチフルHDで発売される予定だ。

クアルコムのSnapdragon 800プロセッサに500万画素カメラを採用し、画面枠のベゼルが非常に狭いと知られた。

Nexus 7次期バージョンはネクサス4スマートフォンのような磁気誘導方式ワイヤレス充電もサポートする。

Nexus 7次期バージョンは早ければ来月中に発売される予定で、今年の予想販売台数は500万台だ。

Nexus 7次期バージョンと競合するAppleのiPad mini次期バージョンの発売価格は329ドルと予想されている。

Appleも今年末にフルHD解像度のiPad mini次期バージョンを発売すると予想される。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。