--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



次期Nexus 7 スペック

10:59

タブレット市場の成長率は以前に比べて鈍化しているが、7~8インチタブレットの競争はより一層激しくなっている。

アップルとサムスンはもちろん、より多い低価格タブレットがまさにこのサイズのディスプレイのデザインを採用しているからだ。

あわせて6インチディスプレイのデザインを採用したPhabletも徐々に市​​場を広ている。

このように不利な状況で市場に発売された次期Nexus 7がなぜこんなに多くの人気を得ているのだろうか?

次期Nexus 7 スペック

この理由は消費者が熱狂するスペックとデザインで原因を見つけることができる。

次期Nexus 7の7インチディスプレイは1920x1200のフルHD解像度をサポートする。

第1世代のNexus 7が約216 ppiの​​スペックをサポートしており、新たに発売されたモデルではなんと323 ppiをサポートするようになった。

これは同じディスプレイデザインを備えたアップルのアイパッドミニの163 ppiをはるかに超える数値だ。

すべての結果は結局、ディスプレイを介して実装される。

そして、このような結果を見せるディスプレイの圧倒的な画質と解像度を備えた次期Nexus 7のスペックは7インチぐらいの高解像度タブレットを望んでいた消費者を一瞬魅了させた。

また、薄くなった厚さと幅の改善されたデザインにクアルコムのスナップドラゴンS4 Proのアプリケーションプロセッサ(AP)と2GBのシステムメモリまで備えた。

次期Nexus 7 スペック

多くの消費者が高解像度ディスプレイの製品を望んでいるが、消費者が希望するスペックとデザインに低価格まで備えた製品に出会うことは非常に難しい。

アップルのレティナディスプレイとNexus 10の高解像度ディスプレイはもちろん、スタイリッシュなデザインを既に経験した消費者は7インチのタブレットでも高解像度のディスプレイを求めていった。

また、高いスペックとスタイリッシュなデザインに伴う高価格は同然のことだと思われた。

Googleの次期Nexus 7が発売されてすぐ注目された理由はここにある。

消費者が望むデザインとスペックを正確に把握し、消費者が希望する価格を反映した製品が登場したのだ。

商品性とは、消費者のニーズを正確に認識し、これに対応した商品でこそ生まれる。

次期Nexus 7 スペック

次期Nexus 7が高いスペックとカラフルなデザイン、高い価格で誰でも欲しがる製品だったとしたら、反響はより大きかったかもしれないが、市場の反応はむしろ冷ややかだったかもしれない。

最高だと言われるぐらいのスペックではないが、消費者がこの程度なら充分だと感じる境界線を攻略したのが次期Nexus 7の成功の第一の理由だ。

そして、このようなスペックをベースに低価格を実現したことも見逃せないもう一つの成功の理由だ。

Googleは16GBモデルを229ドル、32GBモデルを269ドルに発売すると伝えた。

32GBのLTEモデルが349ドルで、確実に高まったスペックとデザインに比べ、価格の引き上げを最大限に抑えたのが次期Nexus 7に関心が集中されているもう一つの理由だと思われる。


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。